ワーキングホリデーのメリット


外国に行って、文化を学んだり、語学の勉強をしたいという人は多いです。特に英語圏の国に行くと、日本で英会話を学ぶよりも、英語を習得しやすいです。現地で暮らすことで、必然的に英語を喋らなければいけないので、上達が早いです。日本にいると、英会話を習っていても、普段の生活で英語を使うことがないので上達しにくいです。海外に語学を学びたい場合は、留学という方法があります。しかし、留学は、学生しか利用することができないです。しかし、ワーキングホリデーであれば、学生ではなくても一年間の長期滞在をすることができます。年齢も30歳までの間に行くことができるので、学校を卒業して、社会人になった後でも申し込むことができます。そして、学んだり、遊んだりするだけでなく、現地で働くこともできます。働くときに言葉が通じず大変なことも多いですが、学べることも多いです。

ワーキングホリデーで、海外の文化に触れよう。

若い人の中には海外で暮らしたい、海外の文化に触れてみたいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。旅行でも海外の文化に触れる事はできますが、暮らしてみて触れる文化と旅行で触れる文化ではどうしても違ってきてしまうのは否めません。留学という方法もありますが、もう一つワーキングホリデーという方法もあります。留学は基本的に勉強が主ですが、ワーキングホリデーは言葉の通り、働くこと休暇が組み合わさっています。他国で休暇を楽しみながら、現地で働く事によって滞在賃金を得るわけです。ワーキングホリデーには年齢の制限があるので、若いうちにしか出来ない事でもあります。海外の文化に触れて、そして理解するのは簡単な事ではありません。また、異なった文化や言葉の海外で働くという経験は、その後の人生に大きな影響をもたらす事もあります。どんな影響を受けるかは人それぞれですが、興味のある人は是非体験してみるといいのではないでしょうか。

ワーキングホリデー制度を使って旅に出よう

ワーキングホリデーは、一年の間、休暇を兼ねて訪問する国での滞在費用を補うため、一定の就労が認められる制度です。18〜25歳、または30歳までという年齢制限があります。ニュージーランドやオーストラリアなどオセアニアの国々や、アジア、カナダ、ヨーロッパなどで、この制度が導入されています。申請が認められれば、楽しい休暇を過ごし、多くの経験を積むことができます。訪れた国での就労を通し、新たな目標を見出すことができるかもしれません。また、望んでも望まなくても、外国語で話す機会がたくさんあるわけですから、言葉を覚える速度が早いです。留学に行くと、日本人同士かたまってしまって、結局他国の人とあまり触れ合うことなく帰ってくる、ということもよく耳にします。ワーキングホリデーの場合、周りは他国の人ばかりという状況に身を置くわけですから、きっと良い経験になるでしょう。

フランス本場で1年間フランス語漬けの生活が出来れば、高確率でフランス語習得が期待できます。 ここでは今、オーストラリアへ行く20歳以上の人の料金が220,000円から150,000円とお安くなっています。 オーストラリアは日本人向けのアルバイトが豊富です。 ワーキングホリデーをしたい!という方は、ぜひ「ワーキングホリデーナビ」をご利用ください。 費用やサービスは、各留学会社さんによります。 初めてのワーキングホリデーでも安心してご利用できるシステムとなっております。