計画を立てて、ワーキングホリデーに参加する


ワーキングホリデーという制度は、とても良い制度ではないでしょうか。それは、様々な国と協定を結び、その協定を結んだ国に若者を派遣することによって、派遣した若者にその国を楽しんでもらうと共に、その国の文化などを知ってもらうという制度となっており、若者に貴重な経験をしてもらうことができるからです。このワーキングホリデーという制度は、1ヵ国につき、1回しか行くことができない制度となっているようですので、もし、この制度を利用して海外に行くことができるのであれば、やりたいことをすべてやってくる必要があるのではないでしょうか。すべてやらずに帰ってきてしまった場合、大きな損をしてしまうでしょうし、大きな後悔をしてしまうのではないでしょうか。そんなことがないよう、しっかりと計画を立てて、ワーキングホリデーに参加する必要があります。

ワーキングホリデーという最高の休暇へ

海外暮らしに憧れていて、あなたの年齢が30歳以下ならば、ぜひワーキング・ホリデー制度を利用してみましょう。日本が協定を結んでいるのは現在12ヵ国で、仕事をしながら滞在できます。最年長30歳までの若者限定ビザなので、若いうちしかできない体験です。海外で働く経験を通し、様々な点で、自分を大きく成長させることができるでしょう。仕事は、現地のワーキングホリデーデスクの掲示板やフリーペーパーの求人広告、新聞やショップの掲示板、インターネットなどで探すことができます。いつまでも迷っていると時間は刻々と過ぎてしまうので、積極的であることが大切です。インターネットでは、旅立つ前からある程度の職探しができます。どんな仕事があるのか、チェックしておくのも良いでしょう。ボランティア活動の募集もありますので、積極的に参加してみることもできます。日本にいてはしなかったであろう、またはできないような体験を通して、様々な発見ができるはずですよ。

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデー、名前はよく耳にしますが具体的にどんなものでしょうか。ワーキングホリデーとはビザの一種になり、簡単に言うと海外で働きながら学校に通ったり休暇を過ごせる制度です。基本的に1カ国に一度下りるビザになります。(一定条件を満たせばオーストラリアは2回)年齢制限があり18歳〜30歳までとなります。青年に海外の文化や生活を知ってもらうためであったり、将来のビジネススキル(語学等)向上のために考えられた制度です。この制度を使えば海外で働くことができるので現地での滞在費用が安く抑えられるメリットがあります。期間は約1年、場合によっては2年間になります。現在日本が提携している国はオーストラリア、韓国、デンマークなど12カ国にのぼり、今後もイタリアなど多くの国と提携していく予定です。一度は経験してみると自分の人生の大きな財産になるでしょう。