ワーキングホリデーという制度を利用する


ワーキングホリデーという制度を利用して、海外で働いてみてはいかがでしょうか。海外というのは、日本の文化と大きく違うところがたくさんあります。それは、生活の仕方であったり、食文化であったり、建物などの建築物であったりします。そういった異なった文化に触れる機会というのは、滅多にないのではないでしょうか。最近では、昔よりも安く海外旅行に行くことができるようになっていますが、旅行というのは、海外の良い面だけを少し見ることができる程度ではないでしょうか。そして、自分が楽しんで終わりです。ですが、ワーキングホリデーという制度を利用することによって、海外に長く滞在することができ、海外の良い面だけではなく、海外の良くない面も見ることができ、勉強になります。そして、働くことで、より深く知ることができるのではないでしょうか。

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーで海外に行ったことがあるという人は周りになかなかいないのが現状です。ワーキングホリデーとは1980年にオーストラリアと日本との間の協会で始まりました。通常の海外旅行では観光中に働くことは許可されていませんが、この制度では長期滞在が許可されたビザで協会を結んでいる国に1年〜2年の滞在が許可されその間に語学勉強をしながら働けたり、働きながら観光することも出来ます。勉強はもちろん働くことで語学が上達したり各国のワーキングスタイルを知ることができ視野が広がる期待があります。この制度の対象は日本国民で18歳〜30歳であれば協定を結んでいる国の滞在許可が下ります。当然知らない土地に行くので不安がありますが、現代ではインターネットの普及などで情報を集めやすくなっているのでいろいろ調べた上で行くと不安が解消されます。今では14ヶ国との協定を結んでいるので興味がある国がきっと見つかります。

ワーキングホリデーについて

ワーキングホリデーについて、どのようなことを注意して始めたらよいのかというと、行き先を決めることも大切ですが、目的を持ってきめるということが良いでしょう。例えば、語学を勉強するためであるとか、自分が何をしたいのか、また将来どのようになりたいのかを考えて決めてもらうことがおすすめです。なんとなくという気持ちで行かれるよりかは、目的をもっていることにより、将来、国際ビジネス感覚も養えるということもあるので、海外で就職されたい方や、海外の現場を直接みてみたいといわれる方にとっては良い方法だということを知っておいてください。また、世界中に友達を作りたい、それから同じ趣味をもつ仲間を作りたいといわれる方にも、目的にあった国を選ぶととても良いワーキングホリデーになるということを知っておいてもらいたいです。